これからもずっと暮らしていく家だから
~耐震等級3の家づくり~


Earthquake resistance

本当に地震に強い家とは?

家族と財産を守る家に求められる耐震性能

日本は地震の多い国です。
多くの人の記憶に残る東日本大震災が発生した後も、熊本地震などの規模の大きな地震が発生し、さらには「南海トラフ地震」が発生した際のシミュレーションなどでは、これまで経験したことがないほどの被害が起きるとまで言われています。

日本の家は地震に強いと言われています。
建築基準法による基準は世界でも高いものとなっており、これまでの歴史の中で「生命と財産を守る」という点から高い水準を設けています。
それが「耐震基準」と呼ばれるものです。
制定されたのは1981年。改正を重ねられた現在の基準は
「震度5強程度の中規模地震では軽微な損傷、震度6強から7に達する程度の大規模地震でも倒壊は免れる」 ものとされています。

これから家を建てたいと考えている方にとって、「地震に強い家」は当たり前のことで、耐震基準は当然クリアしたものだろうと思われるはずです。
確かに耐震基準をクリアしないと新築の住宅は建築の許可が下りませんので、ひとまず安心なのですが、再度上記の基準を見てみましょう。

「震度6から7に達程度の大規模地震でも倒壊は免れる」
今から約40年前に定められた基準だと、現在発生している大地震では倒れないが壊れるかもしれない、とも読み取れるわけです。
多くの方々が長期間の住宅ローンを組んで、「財産」として住み続けることを考えると、 現在の耐震基準は昨今の地震の発生状況や規模に対応していないということが分かります。

そこで注目されるのが「耐震等級」という性能表示です。

耐震等級とは?

「耐震等級」は建築基準法とは異なる「住宅の品質確保の促進等に関する法律(「品確法」)」で定められた基準です。
品確法は、消費者が安心して良質な住宅を取得でき、住宅生産者などの共通ルールのもとでより良質な住宅供給を実現できる市場の条件整備を目的としています。
当社のように住宅を建てる側とお客様との間において、住宅の性能を明らかにし、きちんとその性能が達成された住宅を引き渡すことや、10年間の瑕疵(かし)担保責任を保証することなどが定められています。

耐震等級は、お客様に引き渡すお家の性能として明示するためのものとなり、その基準は、

「耐震等級1」
数百年に一度発生する地震の地震力に対して倒壊、崩壊せず、数十年に一度発生する地震の地震力に対して損傷しない程度。(建築基準法同等)

「耐震等級2」
等級1で想定される1.25倍の地震が起きても倒壊・崩壊しない

「耐震等級3」
等級1で想定される1.5倍の地震が起きても倒壊・崩壊しない

となります。
「数百年に一度」の地震は法律が制定された2000年より前の1995年に発生した阪神淡路大震災レベルを想定しています。

耐震等級1が建築基準法と同等で、等級が上がるにつれて地震に強い家であることが分かります。等級3にもなるとこれまで発生したことがない地震でもある程度耐えうるお家であることが分かります。

家を建てるなら、耐震等級が高い家に住みたいと思いませんか?

「耐震等級」と「構造計算」の関係

住宅メーカーのホームページなどを見ると、耐震等級が高いことをアピールしているところが多くなりました。
「全て耐震等級3の家」と謳っているメーカーもあります。
地震が多い日本では、このように地震に強い家づくりを積極的に行うメーカーが増えることはいいことです。

しかしながら、耐震等級3の家だからといって、本当に地震に強い家なのかというと 実はそう言い切れない点もあります。
地震に強い基礎や柱、部材をいくら使用しても構造、間取りのレイアウトが地震の揺れに弱ければ全く効果がありません。

建築基準法や品確法には「仕様規定」というものがあり、その基準に沿って設計・建築を行えば、「耐震等級3」と表示することも可能です。

それなら問題ないのではないか? と思われるかもしれません。
しかしながら、仕様規定だけでは本当に地震に強いのかということは証明できないのです。

地震に耐えうる家を設計するためには、様々な方向の揺れに対して、どのくらいの耐震性が期待できるかシミュレーションを行う「構造計算」が重要になってきます。

構造計算には
1. 壁量計算(へきりょうけいさん)
2. 許容応力度計算(きょようおうりょくどけいさん)

の2つの種類があります。
壁量計算は、地震の揺れに対してどのくらいの壁が必要とされるかをシミュレーションし、 地震などに耐えられる壁の量を計算する方法です。
許容応力度計算は、壁や柱などの部材がどのくらいまで耐えられるかを計算し、それらが効果的に機能するレイアウトを計算する方法となり、3階建て以上の木造建築や鉄骨・鉄筋コンクリート造の家を設計するときに用いられます。

壁量計算と比べて、許容応力度計算は細かい計算を行うため手間がかかる反面、バランスよく壁を配置するのでより強い構造・間取りを実現することが可能になります。

「耐震等級3の家」と言っても、実際には仕様規定を満たしただけのもの、 壁量計算で耐震性を算出したもの、許容応力度計算によって考えられたレイアウトによるものと違いがあり、その耐震性には大きな差があります。

「品確法の仕様規定を満たした耐震等級3の家」を実際に許容応力度計算で構造計算してみると、強度が全く異なっている場合もあります。

なぜこのようにばらつきがあるのかというと、構造計算には

「木造2階建ての一戸建ては構造計算の審査は不要」

という特例があるからです。
現在建築される建物のほとんどが木造2階建ての建物で、その数は膨大なもので審査を行政側で処理できないため建築士の判断に委ねられています。

手間をかけて構造計算を行っているメーカーは本当に耐震性を考えている方であり、根拠もなしに仕様だけで大丈夫と言っているメーカーもあるのが実情なのです。

つまり、「耐震等級3の家」でも仕様規定だけでなく構造計算、中でも許容応力度計算まで行っていなければ本当に地震に強い家だと証明できないのです。

これからの家づくりにおいて、大事なことは 「本当に地震に強い家」であるかということです。

当社の家は、本当に地震に強い家であることを証明するために、 一棟一棟許容応力度計算による構造計算を行い、しっかりと耐震性を証明した上で「耐震等級3」としています。

地震が発生した時に、家族を守るのが家の本来の姿だと考えます。
そしてそれが当社の家づくりの基本なのです。

「耐震等級3」の住まいは当社で!

快適な空間、健康に生活できる住環境、省エネ性能に優れた家… それらを叶えるためには、家族の生命をしっかりと守る耐震性は欠かすことができません。
当社の取り組みについて詳しいことを知りたい方は お気軽にお問い合わせください。