スーパーウォール工法の家


SUPER WALL

パッシブデザインを実現する理想の工法


快適・健康・安心・安全な住まいを実現

当社の目指す「世界基準のいい家」を実現するために欠かせないのが、LIXILのスーパーウォール工法です。

合板と一体化された頑丈なパネルに、ウレタンフォームの断熱材を入れた「スーパーウォール」で柱や床、屋根を包みこんだ工法で、従来の木造建築と比べて、

1.真冬でも室内が暖かい
2.省エネ性能向上につながる
3.地震に強い構造
4.いつまでも長持ちする住まい

上記のような特徴があります。




1.真冬でも室内が暖かい

スーパーウォール工法と従来の断熱材の違いは、隙間を完全に覆う構造にあります。
パネルの中には、隙間なくウレタンフォームが充填されており、パネル同士も密着して空気が入らず、漏れないようになっています。そして柱の外からこのパネルで完全に覆ってしまいます。
従来のグラスウールの断熱材は柱の隙間に詰め込むためにどうしても隙間が生じてしまうことに比べれば、効果は一目瞭然、「魔法瓶のような室内」を実現することができます。

日中の陽ざしで温められた室内はいつまでも暖かい状態を維持しすることができます。
密閉されるので気密性も高く、外気が入ることによる室内の温度変化も少ないため、床と天井の温度差も少なくなります。
家中の温度も保たれているので、ヒートショックのリスクも減らすことができるようになります。


2.省エネ性能向上につながる

最新のエアコンは、設定した温度になると運転を停止し省エネモードや自動運転になります。
断熱が十分でないお部屋だと、常に運転し続けることになり省エネ機能が活かされません。
スーパーウォール工法のお部屋だと、一度温められると長時間温度を維持できるのでその分稼働率も少なくて済み、光熱費を抑えることにもつながります。

3.地震に強い構造

スーパーウォールは、それ自体が頑丈な構造体となっています。
耐震構造として、柱に筋交いを入れたり制震ダンパーを追加したりしますが、どちらも点と点をつないだ「線」で補強されているのに対し、スーパーウォールは「面」で補強するので激しい横揺れでも抜群の耐久性を誇ります。

実際に大地震が起きた時も被害を最小限にとどめることができたという報告もあります。

また、吸音にも優れたウレタンフォームで満たされ、頑丈な構造は防音効果も高く、大きな道路や線路の近くでも室内は静かに過ごすことができます。


4.いつまでも長持ちする住まい

住宅にとって一番の「天敵」は湿気です。
中でも、温度差によって生じる結露は長い年月をかけて建物の躯体(くたい)をボロボロにしてしまいます。

新築の際に防湿シートなどを貼って外壁と柱の間に雨水などが入らないようにしますが、断熱材との間に隙間があって、空気が存在する以上、結露は避けることができません。
施工状況が悪いと、結露によって水分が柱などに吸収され、乾きにくくなり、カビが生えて柱や土台が腐ってしまいます。
断熱材もグラスウールの袋を詰めているだけで、結露によってグラスウール自体が腐ったり、水分を含んで崩れてしまうこともあります。



スーパーウォールの断面図

スーパーウォールは、湿気を通しにくいウレタンフォームを使用し、建物を結露から防ぎます。
壁だけでなく、屋根・床も全て同じパネルで覆うのことにより、いつまでも新築に近いコンディションを保つことができます。

これは言い換えると、建ててから長い年月を経過しても丈夫な家、建て替えやメンテナンス費用が掛からない家、もし手放すことがあっても高い資産価値を維持できる家ということになります。

室内の空気の環境も快適なものに

スーパーウォール工法によって得られる高気密・高断熱の空間をより快適にしてくれるのが、熱交換型の換気システムです。
簡単に説明すると、建物の空気を24時間換気システムを使用して常に入れ替えるだけでなく、熱交換器により屋外に排出する汚れた空気から熱を回収し、新鮮な外気を室温に近づけてから室内に給気するというもの。
暖められた熱が逃げることなく戻ってくるので、エアコンの稼働率を抑えて省エネにもつながります。


熱交換器の仕組み

吸気された空気は、熱交換器内のフィルターを通して室温に調整されて室内に入ってきます。
フィルターはPM2.5なども除去できるものもあり、花粉やアレルギー物質も外からシャットアウトすることができるので、窓を開けずに換気することも可能です。


熱交換器の仕組み

熱交換器を通ったきれいで適温の空気は、室内各所の送風口から送られるようになっています。
リビングはもちろんのこと、脱衣所に設置することでヒートショックを防ぎ、寝室や子供部屋のクローゼットに設置して衣類を湿気から守っています。

 

太陽エネルギーを利用して室内の空気を温め、涼しい風の通り道を作って夏場を過ごすパッシブデザインを実現させためにはる高い断熱性能が必要です。
スーパーウォールはその断熱性に加え、耐震性も備えた理想的な工法と言えます。
さらに熱交換器型の換気システムで全ての部屋が同じ温度で過ごすことが可能になります。

快適な住まいであるだけでなく、省エネ・高耐久性も備えた住まいが当社の目指す「世界基準のいい家」です。 熱交換器を通ったきれいで適温の空気は、室内各所の送風口から送られるようになっています。
リビングはもちろんのこと、脱衣所に設置することでヒートショックを防ぎ、寝室や子供部屋のクローゼットに設置して衣類を湿気から守っています。