最適な窓の配置と方角


DAYLIGHTING

その窓、本当に必要ですか?

四季は太陽の軌道で決まる

学校で学習したとことを思い出してみましょう。
地球は太陽の周りを1年かけて回っています。
そのルートや地軸の傾きでの関係で、日照時間に変化ができます。


夏至が最も日照時間が長く、南中高度も高くなり、冬至がその逆となります。

パッシブデザインの住まいは「夏は日差しを遮り、冬は太陽の光と熱を取り込む」ように太陽の動きをシミュレーションしながら窓の配置と方角を考えて設計します。
効果的な窓の大きさや、建物の軒の長さ、さらには植栽なども考慮することでエアコンを使用することなく、夏は涼しく、冬は陽だまりのような暖かさを長時間維持することが可能になります。


画像は冬場の日照をシミュレーションしたものです。 太陽のエネルギーは、窓1つにつき電気ストーブ2個分の熱源に相当すると言われています。
キッチンやリビングなどの広い部屋には大きな開口を設けて、できるだけ奥まで陽射しが届き、熱を蓄えられるように窓の配置を考えています。
一方、夏になると角度が高くなるので、陽射しは入りにくくなって部屋の温度の上昇を防ぐようになっています。

東と西に窓は付けない

家を建てる際、ほとんどのメーカーが東側に窓を多く設ける傾向があります。
朝の朝の陽ざしが入ってきますが、夏場だと眩しすぎるほどの直射日光が入り、だんだんと部屋の温度が上昇して暑く感じることになります。
午後を過ぎても熱がこもったままで、夜になるとエアコンを使用しなければ暑苦しくて眠れません。
また、冬場は日が当たらない時間が多くなり、窓によって部屋の空気が冷やされてしまうこともあります。

西側については、真夏の強烈な西日の強さは朝と同様に部屋の温度を不必要に上げるだけです。
冬場は暖かく感じるのですが、短時間のため部屋が温まるほど効果がありません。

結論として、東・西に開口を設けて窓を設置することは、室内の温度を著しく変化させるものであり、「何もせずに快適な温度を維持する」パッシブデザインに合わない考えとなります。
お家を建てる敷地の条件にもよりますが、当社では上記の理由から東側・西側に窓を設けずに収納や水回りなどを配置し、南側からの陽ざしを活かした間取りを考えて設計を行います。
窓にも適材適所はあり、それを知っていることでお家の快適性は全く異なってきます。


この画像は当社の住まいではないイメージ画像ですが、玄関側が南向きだと仮定した場合、向かって右側は一年を通して太陽の光が入ってきますが、真夏は入りすぎるため暑くなる恐れがあります。
一方向かって玄関から左側は、影があり光が入っていません。
上から見たときに凸凹があるため、このように光と影が生じます。
方角と窓だけでなく、効果的に光の当たる間取りまで考えて設計を行う必要があります。